つちのこ学舎  ~みんなで宿題 みんなでおやつ~

 

  2017年2月。国立市谷保に民間の子育て支援施設ができました。

  甲州街道沿いの旧家が並ぶ一帯にある、これまで「やぼろじ」として地域に親しまれていた古民家です。

  この広い庭のある古民家の14畳の和室が「つちのこや」という名前で、主にこどものための活動に使われ

  ることになりました。

  やぼろじ庭(淳).JPG つちのこや室内(淳).JPG

  そこで。

  2017年5月、駄菓子や「くにちゃん」を運営する私たち(一社)リング・リンクくにたちは、こどもの学

  びの居場所をスタートさせました。

  学校帰りにランドセルのまま寄って、大学生のお兄さんやお姉さんに勉強をみてもらって、おしゃべりを

  して、おやつを食べて、帰る。

  土日のお休みをのびのび過ごすために、金曜日に宿題を全部終わらせちゃおう!とか、

  今度の漢字の50問テストでは絶対100点を取りたいんだ!とか、

  おしゃべりをしながら勉強していると、他のテーブルの子が「ちょっと静かにしてよ、集中できない!」

  と文句を言ったり、

  おやつを食べる間も惜しんで、難問に取り組む子がいたり。

  学習風景(夏).JPG

  「つちのこ学舎」の学びは、「学ぶことは楽しい」「わかるようになると世界の見え方が変わる」という

  リアルな体験を重視します。

  どうしても勉強に気持ちがむかない日は、庭の池の中の生き物をじいっとながめていることもあります。

  友だち同士でけんかをして、泣きながら一生懸命自分の主張をする日もあります。

  「勉強する場所に来てるんだから、ちゃんと勉強しなさい」と言うのは簡単ですが、そんな心の揺らぎも

  成長につながるように寄り添うように心がけています。

  やぼろじ看板とカルガモ親子.JPG

  ◆ 原則として、大人(元学習塾主宰)1人と学生3人で、1回12人くらいのこどもを見ています。     

  ◆ 対象は小学生ですが、中高生の利用もご相談ください。

  ◆ 参加費は、1回500円です。(月謝ではなく都度払いです)

  ◆ 登録制ですのでまずはご連絡ください。

    保護者の方とお子さんと面談の上、利用方法をご説明いたします。

  ◆ 場所はこちら(国立市谷保5119 やぼろじ内「つちのこや」)