2017/12/18

12月16日の日記「クリスマスの生け花」

駄菓子や「くにちゃん」では、毎週、自由に遊べる部屋があります。

それとは別に、毎月1~2回楽しい企画もしています。

今回は、華道の先生と「クリスマスの生け花」をしました。

どれも無料で参加できますヨ。

大人のワタクシには3人の娘がおりまして、みんな、花を摘んでは生けるのが大好き。

野の花も、いただいた花束も、花瓶に生けると三者三様の作品になるのがおもしろいなぁと感じておりました。

そこで、今回の駄菓子や「くにちゃん」では、華道の先生と一緒にクリスマスの生け花体験をしてみました。

こちらが使った花材です。

20171216華道花材.JPG

モミ、ヒバなどのクリスマスツリーの枝と、鮮やかな色合わせの花たち。

お友達の生け方が気になって(私の生け方、合ってるかな、変じゃないかな)って心の声が聞こえるような子もいましたが、

イメージと形が重なってくると、後半はもくもくと没頭。

20171216華道2人後ろ姿.JPG

最初はちょっと興奮しながらキャーキャーしているこどもたち。

好きな花材を選んで、(これを選ぶのって変じゃないかな、この組み合わせは笑われないかな)と心配そうな素振りの子がたくさん。

はじめてのこと、答えやお手本がないことを不安に思う子が意外と多いんですね。

「この色が好きだな、この形がかっこいいな、もう一輪お花があったほうが落ち着くな、って感じるようにいけてごらん。心はみんなちがうから、みんなちがう生け方になって素敵だよ」

大人たちからのアドバイスで、隣の子を気にしなくなり、目の前の花と向き合いました。

そして、こちらの作品が完成しました。(一部ご紹介します)

20171216華道さやこ.JPG 20171216華道めかる.JPG 20171216華道しょおう.JPG 20171216華道みく.JPG 20171216華道みもり.JPG 20171216華道ちいつう.JPG

家にあるお皿と剣山(今は100均でも買える時代!)で、今度はおうちで生けてみてね。

花瓶に飾るのとはまた違った表情で素敵です。

なにより、自分の心の中にある「美」の形を表現する体験は、気持ちのいい集中の時間だったようです。

 

来年もまたやりますヨ!

今回ご都合つかなかった方、ぜひぜひいらしてくださいね!(無料で参加できます)