2018/11/25

20181114「大きくなって!」

先週の話です。

 

「ちょっとちょっと、よく知っている子が来たわよ」

『駄菓子や「くにちゃん」』は、今年で13年目。

13年と言えば、6歳だった子は19歳になっている年月!

近くに用事があったからとひとりでふらりと顔を見せてくれたMさん。

上尾市からのお客様.JPG

写真の黄色い服のおねえさんです。

こどもの頃はお客さんだったのに、自然と看板娘の立ち位置に!(お手伝い、ありがとう!)

『駄菓子や「くにちゃん」』のスタッフたちは、口々に、

「あんなに小さかったのに、今は見上げて話さなくちゃいけないなんて~」

「小学生だったのに、大学生になったんですって!」

 

こどもたちは、お兄さんやお姉さんが大好きなので、スタッフに若者が交じるともう大騒ぎ。

Mさん曰く、

「私の小学校時代の思い出は、『駄菓子や「くにちゃん」』がすべてです」ですって♡

 

ここに来れば、友達がいる。

ここに来れば、自由に振る舞える。

ここに来れば、安心。

 

今、たくさん来ている子どもたちも、10年後ふらりと顔を出してくれたりするのかな。

楽しいこども時代を過ごせる場所、大事に守っていくからね~